形成外科外来

(毎週水曜日) 埼玉医科大学 栗原 健医師
(月1回)   済生会栗橋病院 新井 清仁医師
        (下肢動脈硬化治療専門医&地域連携)

埼玉医科大学 栗原 健医師

下肢閉塞性動脈硬化症、人工透析中の方などの足壊疽などのトラブルに対して適切な治療をすると共に、2名の専門医が連携して患者様の症状に併せた治療法をご提案致します。
また、大きな手術が必要な場合は埼玉医大、済生会栗橋病院との地域連携にてご案内いたします。

検査紹介

  • 薬物療法
    血液の流れを良くするように抗血小板薬や抗凝固薬などを投与します。
  • ABI/TBI(上下肢血圧比)
    下肢の欠陥の静脈硬化の進行度や閉塞の状態を見る検査で、短時間で行えます。
  • SPP(皮膚還流圧測定)
    下肢の皮膚の血流状態を見る検査で、短時間に行えます。

治療方

  • LDL吸着療法
    実際に壊疽などが進行している場合、上記の治療に加え、血液を体外循環という方法を用いて血液をサラサラにします。
  • 血管バイパス手術
    血管の狭窄部位が高度な場合、外科的にバイパス手術をして血流を改善します。

フットケア

くぼじまクリニックでは、人工透析中の方などの足壊疽などの重大なトラブルを未然に予防することを目的としたフットケア専門外来を設立しました。
たこ・うおのめ・角質の除去、爪のトラブルに対する処置・お手入れ法なども指導致します。

  • 陥入爪・まき爪(ワイヤーによる治療:自由診療)、先生による爪切り・局所麻酔下による手術等。
  • 足の裏のタコ・ウオノメ、偏平足などの足に関するトラブルは、看護師が丁寧に改善方法などのご指導致します。

皮膚のトラブルによる治療を行います。

イボ・ホクロ・皮膚腫瘍などの除去(局所麻酔下での切除)や長年悩んでいたケロイド・火傷痕・外傷創・褥瘡等の処置も致します。お気軽にご相談ください。