ホーム > 医療福祉相談室

医療福祉相談室

患者さん、ご家族の皆様へ

医療福祉相談室では、疾患によって生じる心理的、経済的、社会的な問題に対して(医療)ソーシャルワーカーが(医療と福祉の)専門的な立場から患者様やご家族のサポートを行っています。
※秘密は厳守いたします。

お気軽に相談室へお越し下さい。

場所: 当院1階 相談室 医療福祉相談
受付相談時間: 平日/9:00〜12:00 15:00〜17:30 土曜/9:00〜12:00
048-533-7511 担当:清水

医療福祉相談室へご連絡のうえ、ご希望の日時をお伝えください。
尚、相談は無料です。

相談室の場所は1Fの正面玄関を入って、すぐ左側にあります。

例えば、こんな悩み、困りごとがあるときにご相談ください。

退院後のこと、家族や仕事
医療費が心配で、入院できない
介護保険について知りたい、ホームヘルパーなど保健施設を利用したい
子供が入院したが、学校はどうすればよいかわからない
病気になるのが初めてで、不安や恐れがあり、治療に専念できない
障害福祉サービスについて
そのほか、心配ごと

スタッフの紹介


ソーシャルワーカー 担当:清水

各種社会保証・社会福祉サービス

● 特定疾病療養受療証について

人工透析を必要とする慢性腎不全は、厚生労働大臣によって、「特定の疾病」として定められており、人工透析治療に対してのみ有効です。
特定疾病療養受療証をご提示頂ければ、外来・入院それぞれの窓口での一ヶ月の支払い限度額は所得により、自己負担限度額(1万円〜2万円)となります。
(※入院時の食事代は自己負担)

手続き方法

申請書に、透析開始日の証明が必要です。透析をはじめられたら、お早めの手続きが大切です。

  1. 医師に、特定疾病療養受療証交付申請証を提出(記載、捺印)
  2. 加入している保険者(健康保険組合や健康保険協会、共済組合、市町村国民健康保険課)や後期高齢者広域連合の窓口で申請します。
  3. 特定疾病療養受療証の交付を受けます。

→ 健康保険協会 特定疾病療養受療証について